DV・ストーカー被害無料相談

DV・ストーカー被害

DVによる被害

DVは家庭内・夫婦間・恋人間における暴力を指し、

自身でやっておくべきことは

  • 殴る・蹴る・部屋に閉じ込めるなどの身体的暴力
  • 日常的に罵る、無視する、行動を監視するなど相手にストレスとなる行為を繰り返して行う精神的暴力
  • 相手の気持ちを無視した性行為の強要、異常な嫉妬など性的暴力
  • 生活費を女やギャンブルにつぎ込む、生活費を渡さないなど経済的暴力

に分類できます。

DV被害の特徴として、加害者がDVをしている事を認識していないケースがほとんどで、下手に第三者からの注意などすると、愛情表現のひとつだと考えているため、否定されたと更に状況が悪化するケースが多いです。

被害者に関しても、時折の優しさや愛情表現だとDVを受けている事に気づいていないケース、また状況の悪化を恐れ気づいていても我慢しているケースがあります。いずれはなくなると思い込んでいる状態が一番危険です。

離婚を考え慰謝料を請求するのであれば、日記や録音テープ、医師の診断書などの証拠を用意しなければなりません。

DVの問題はいずれはよくなると考えがちですが、我慢しても状況の悪化を招く可能性が非常に高く、また子供がいる場合もいい影響を与えません。悩んでいる場合は早期の対応が必要ですのでご相談下さい。

ストーカー被害

ストーカー被害は警察に行っても、なかなか対応してもらえず、未だにその被害の相談がよせられています。ストーカーの主な行動パターンは

  • つきまとい、まちぶせ、押しかけ
  • 面会・交際の要求
  • 無言電話
  • 性的羞恥心の侵害…など

そして、ストーカー行為を行っているのは、面識のない人、友人や知人、元交際相手、元夫、会社の同僚などです。

完全にやめさせる、慰謝料を請求するにしてもストーカー行為を行っている人物の身元や映像、写真、言動の録音などの証拠をつかまなければなりません。探偵などのプロに依頼するのが有効な手段です。また自身では被害にあった日の日記や電話記録を残す事が重要です。

ストーカー被害でお困りの方は、ひとりで解決しようとすると危険も伴いますので、ご相談下さい。

解決に至った相談者より

浮気相手と夫から慰謝料が取れました。
離婚を決意し、自分で掴んだ証拠と探偵を利用し掴んだ証拠で、慰謝料を請求しようと考え、相談し…続きを読む

夫と復縁できました。
不仲になってしまった夫との関係にずっと悩んでおりました。そんなときこちらのサイトをみつけて相談し…続きを読む