浮気・離婚問題無料相談

浮気・不倫の慰謝料について

浮気・不倫の慰謝料について

浮気・不倫の慰謝料は原因を作った配偶者(浮気相手)が、精神的な苦痛を受けた相手配偶者(被害者)に対して支払わなければならない損害賠償のことです。

一方が浮気・不倫(不貞)をして離婚などに至った場合、相手の不倫や不貞による精神的苦痛や離婚などによる生活の変化に対する苦痛に対して慰謝料の請求が行われるわけです。

慰謝料を請求する場合は、その原因を作った有責者に対して(婚約者、夫【妻】、浮気相手などの行為に対して)行うことができます。
また離婚をしなくても請求する事は可能です。ただし、慰謝料の請求の時効は、浮気(不貞)行為の事実を知ってから3年間です。

慰謝料が認められる場合について

婚約、婚姻中の浮気・不倫の他に、慰謝料が認められる場合は主に

  • 暴力行為
  • 生活費を渡さない等の悪意の遺棄
  • 通常の性的交渉の拒否
  • その他婚姻関係の維持に非協力な行為

になります。

慰謝料の相場と金額の算定基準

婚約、婚姻中の浮気・不倫による慰謝料の相場ですが、金額の決められた算出方法というものはなく、主に

  • 精神的苦痛の程度
  • 婚姻を破綻させた原因の有責性と、その程度
  • 不貞の頻度
  • 離婚の経緯
  • 婚姻期間と年令
  • 支払い側の社会的地位と資産・収入
  • 生活能力や扶養する子供の有無

などによって算出されます。相手が原因で離婚に至った場合の慰謝料の算定額は、有責性の程度が大きな判断材料になります。
特に不貞(浮気・不倫)は、法的に有効な証拠があれば、慰謝料請求が認められる可能性が高く、他の原因による算定額よりも金額が大きいくなると言えるでしょう。

あくまで一般的な事例ですが、婚姻期間3年で不貞が理由で離婚に至った場合の慰謝料は300万前後といったところでしょうか。

共同で不貞を行った場合、配偶者と離婚せず、浮気相手のみに慰謝料の請求を行った場合における算定される相場の金額は、状況にもよりますが、精神的苦痛は少ないと判断され、配偶者へ請求するよりも金額が安くなると考えられます。

慰謝料を請求された場合

  • 弁護士、行政書士から内容証明が届いた
  • 慰謝料の相場が知りたい
  • 請求書通りの金額を支払わなければならないのか
  • 請求書の額はとても支払えない
  • 1度限りでこの金額は納得できない
  • 相手は結婚していないと言っていたのに…
  • そもそも不貞行為の事実はない  …など

このような事でお悩みの方、 慰謝料を請求されたという方は専門家に相談する事が一番の解決方法です。まずは慌てずにお気軽にご相談下さい。
限度を超えた慰謝料は支払う必要はありません。私たちがしっかりサポート致します。

不倫・浮気慰謝料を支払わなくてもよい場合

  • 夫婦関係が破たんしている場合。
    (主に不倫より夫婦の別居が先行している場合など)
  • 相手から「独身」と騙されており、気付かなかった場合
  • 脅迫や暴行などを加えられ関係を強要されていた場合…など

不倫・浮気慰謝料が減額される場合

  • 関係の発生や継続の主導が相手にある場合
  • 相手の夫婦間に問題があった場合…など
解決に至った相談者より

浮気相手と夫から慰謝料が取れました。
離婚を決意し、自分で掴んだ証拠と探偵を利用し掴んだ証拠で、慰謝料を請求しようと考え、相談し…続きを読む

夫と復縁できました。
不仲になってしまった夫との関係にずっと悩んでおりました。そんなときこちらのサイトをみつけて相談し…続きを読む